column 家づくりコラム

スッキリ収納のアドバイス

注文住宅を建てる際に多くの方がこだわる「収納」。

建てた後ではやり直しが効かないため収納計画はとっても大切です。

今回は、当社が考える注文住宅検討時の収納計画のポイントをご紹介しますので、収納計画を検討する際の参考にしてみてください。

 

 

■収納計画を考え始める前に必ず明確にしておくべき2つのこと

 

instagramなどで色々な事例を見ていると、たくさん参考にできそうな事例があり、ご自身の家づくりにも取り入れたくなりますが、片っ端から取り入れても使いやすくなるとは限りません!

まず明確にしておかなければならないのは

 

・現在、収納面においてどのような事に困っているか?

 

・家を建てた後の収納面について具体的に何を解消したいか?

 

上記の2つを整理しておくことです。

例えばご家庭によっては奥様が家事をほとんどされる場合もあれば、ご主人やお子さまが協力的なご家庭もあり、また現在は奥様中心だけど新築を建てた後は家族みんなで家事が出来るようにしたいという場合もあると思います。

このようにご家庭によってベストな収納計画は異なってきますので、検討時に自分たちの要望をはっきりしておくことが良い収納計画を立てるポイントになります。

 

 

 

■保有している物から収納計画を建てる

 

例えば、奥様がお悩みがちなのが「キッチン収納」。

キッチンの収納計画を立てる上で失敗を少なくするためには現在のお家にある物、また今後購入する物をなるべく明確にし、そして具体的に料理やお片付けをする際にどのように動くかまで家事動線をイメージしておくことです。

 

 

こちらは玄関から土間収納、パントリーを通じてキッチンに回遊できるように動線と物の置き場所にこだわった事例。

 

収納する物のサイズはもちろんのこと、ゴミ箱のサイズ、そして正面に置く物と背面に置く物までを具体的にイメージし、まずは物、そして動線を具体的にしていき、まるでパズルを組み合わせるように収納計画を立てました。

また、奥様が家事をしやすいことだけではなく、どこに何が収納されているかを明確にすることで家族全員も収納場所を把握しやすくなるため、家族全員が家事がしやすくなり協力的になることも考慮されています。

 

 

 

■生活の流れをイメージすることで使い勝手の良い収納計画が立てられる

使い勝手の良い収納計画というのは、家族全員にとって使い勝手が良く、生活がしやすい住宅であるのか、という考えのもと、計画を立てていくことがポイントとなります。

そのため、収納計画を考える上ではまず最初に、家族の普段の生活を把握する所から始めることが重要となります。

家族が「起床してから通勤・通学に出るまで」と、「帰宅してから就寝するまで」の現在の生活をなるべく細かく洗い出すことで、毎日必ず使う場所や、よく足を運ぶ場所といった生活の流れが見えてきます。

 

 

家族全員の生活の流れが細かい所までイメージできると、具体的にどういった導線にすると便利なのかが考えやすくなり間取りが決まり、使用頻度が高い場所には自然と必要な収納計画を考えていくことができます。

そして、現状抱えている不便な収納箇所を注文住宅の収納計画に反映することで、使い勝手の良い収納が生まれるのです。

 

いちいホームでは設計士が直接お客様と対話しながら家づくりを進めることで、それぞれの暮らしに寄り添った収納計画をご提案させていただきます。

 

 

 

 

Instagram更新中。→ ICHIHOME

フォローお願いします(*^^*)
いちいホームインスタグラムQR

いちいホーム ICHIHOME いちいほーむ ICHIIHOME 瀧澤興業 新築 注文住宅 家 デザイン 住宅デザイン  新築住宅 自然素材 平屋 中庭 群馬 高崎 前橋 安中 工務店 大工 群馬の工務店 モダン ナチュラル シンプル デザイン住宅 健康住宅

contact お問い合わせ

いちいホームの家づくりに興味のある方は
「来店予約をしたいのですが…」と
お気軽にお問い合わせください

027-381-8939
受付時間/(水曜日定休)

studio / model houses スタジオ・モデルハウス