blog スタッフブログ

祝!上棟

皆さんこんにちは設計の杉田です。

 

先日弊社の新モデルハウスが無事「上棟」いたしました。

新築を検討されている方は「上棟」という言葉を一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

 

上棟とは、住宅の建築において、柱や梁など建物の基本構造が完成し、家の最上部で屋根を支える“棟木(むなぎ)”と呼ばれる木材を取り付けることを指します。

この「棟木」を屋根に「上げる」ことから、棟上げ(むねあげ)、上棟(じょうとう)と呼ばれています。

 

建物の骨格が出来上がり、これから耐震施工、防水施工そして仕上げへと工事は続いていきます。完成したときには見えなくなってしまいますが、こういった下地工事がとても大切です。

 

スポーツでもそうですよね。やっぱり足腰や体幹など基礎能力がまず大事で、テクニックはその後です。最初にテクニックを磨いて一瞬は活躍するかもしれませんが、後々になって基礎能力が高い人に抜かれてしまいます。

 

漫画やアニメでそういうシーンをよく見ませんか??それと一緒です。見えない所の工事をしっかりとすることで、20年、30年と長く心地よく住める家になるんです。

 

 

こちらの建物、6月12日(土)13日(日)に構造見学会を開催いたしますのでぜひご覧ください!

無料相談会を開催中!

八千代モデルハウス

〒370-0861
群馬県高崎市八千代町2–6-8

営業時間
詳細はこちら

ホームページを見て、
無料相談会の予約をしたいのですが…

とお気軽にお電話ください♪