blog スタッフブログ

「水無月」の由来

早いものでもう6月に入ってしまいましたね

暑い夏が近づいてきました。

 

6月の別名は「水無月」陰暦6月を水無月と呼ぶようになった理由はいくつかあります。

6月といえば、毎日のように雨が降る梅雨の季節。

 

ではなぜ「水無月」となったのでしょう?

実はここで使われる「無」は「無い」という意味ではありません。

連体助詞「の」の意味合いで使われています。

つまり「水の月」ということになります。

陰暦の6月は、今で言うと6月下旬〜8月上旬くらいにあたり、田んぼに水を引く時期。

そこから水の月、水無月としたようです。ちなみに、同じ理由で神無月も神が無い月ではなく、「神の月」となります。

 

 

さて、お知らせですが八千代町でモデルハウスをこの度を売り出すことになり、新たに片岡町3丁目に新モデルハウスを着工致しました。

9月頃にはオープンさせたいと思っておりますのでご期待ください。

無料相談会を開催中!

八千代モデルハウス

〒370-0861
群馬県高崎市八千代町2–6-8

営業時間
詳細はこちら

ホームページを見て、
無料相談会の予約をしたいのですが…

とお気軽にお電話ください♪